キハラハント愛の世界漂流徒然日記

国連平和維持活動、国際人権法、治安部門改革の分野で活動する キハラハント愛のブログです。

ICRC

HSP/ICRC 国際人道法セミナー

11月16日、東京大学大学院「人間の安全保障」プログラム(HSP)と
赤十字国際委員会共催にて、
国際人道法のセミナーを開催しました。
エセックス大学教授で
ICRCの専門家委員会の委員なども務める
Noam Lubell教授をスカイプ経由でお呼びしました。
Lubell教授とはエセックス大学において
同じFrancoise Hampson名誉教授の下で博士号を取得したという
同志としてのつながりがあります。

初めにHSPの運営委員長である遠藤貢先生にご挨拶いただき、
私が15分ほどで国際人道法の基本をお話しし、
Lubell教授に、ドローン、ロボット、自律型兵器、サイバー戦争などについて、それぞれどれだけ国際人道法の「区別」「均衡性」などの原則と緊張関係になるのか、お話しいただきました。

自律型の兵器にもいろいろな種類があり、
自身でターゲットを攻撃することの正当性について判断するような兵器の場合、例えば兵器を持っているけれど負傷して動けなくなっている兵士(保護対象)と、地面に腹ばいになってまさに攻撃しようとしている兵士(攻撃対象)とを的確に区別できるのか、など、
様々な疑問を提示しながらのお話しとなりました。

個人的には、国際人道法とは人道性(humanity)に基づくものであり、
自律型兵器などはその人道性を持ち得ず、
全体的に現在の国際人道法と緊張関係を生む(生んでいる)のではないか、という問いに、
国際人道法は人道性に基づくものではなく、
人道性と軍事的利益との均衡性に基づくものであり、
新しい兵器や戦い方が出てくれば
国際人道法からその合法性を判断することも大事であるが
最終的にはそれを使う人間の倫理の問題になるのではないか、というお話が、それから色々と考えさせられる点となりました。

最後にICRCのリン・シュレーダー駐日代表にご挨拶いただきました。

来ていただいた皆さん、どうもありがとうございました。

IHL seminar
続きを読む

国際人道法ロールプレイアジア大会 準優勝

数か月前に赤十字国際委員会(ICRC)駐日事務所から
国際人道法のロールプレイ、アジア大会があるので
東京大学から日本初のチームを出してみませんか、と
お誘いいただきました。
日本の選抜は書類選考。
無事に日本代表としてマレーシアで行われるアジア大会に参加権を得ました。

早速授業でお会いする学生さんたちに広報してみると、
3人でつくるチームが何とかできました。
学部の1,2年生のチームで
国際法とは何ぞや、というところからのエントリー。

コーチしようにも夏季休暇を挟んで
皆の日程が合わず、
正直どうなることかと思いました。
最後の2週間の追い上げで
とてもシャイなチームが頑張ります。

10月6日(土)にマレーシア国民大学(UKM)で行われたアジア大会には、
心配なコーチの私も同行。

photo3


photo







午前中の2ラウンドの後、
決勝まで勝ち抜くことができました。
決勝では残念ながらシンガポール国立大学のチームに
負けてしまいましたが、
国際人道法が初めて、
また、国際法自体が初めてというメンバーもいる中、
とても頑張ってくれました。
練習では小さな声で自信なさそうだったメンバーも、
また、にわかに作られたチームなのでチームワークもどうかと心配でしたが、
当日はそれぞれ限られた時間に
うまくチームで役割を回しながら
弁論・ロールプレイを楽しめたのではないかと思います。

おめでとう!
コーチとしてもチームを誇りに思います。

photo2

プロフィール

hyoryumin_jane

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ