キハラハント愛の世界漂流徒然日記

国連平和維持活動、国際人権法、治安部門改革の分野で活動する キハラハント愛のブログです。

貧富の差

正直な質問!

私が担当する授業の履修生のお一人から、
概ね以下のような質問をいただきました。

SDGsの話がありました。貧困をなくそうという目的がありここはもちろん納得できます。しかしそこからさらに進んで人や国の不平等をなくそうという目標があると思います。国連という機関はこれをまじの本気で目指しているのでしょうか?…世界が平等になり東南アジアの国々が日本と同じレベルの経済力を持ったら間違いなく日本は国際的な影響力を失う事になると思います。正直私はそんなの嫌ですし多くの日本人が嫌だと思います。具体的になりますが、現在日本政府は将来の日本人の労働人口減少に備え外国人労働者を積極的に受け入れており、彼らの多くは日本人が働きたくないような分野で働いています。これも日本が東南アジアの国々より経済力があるから可能になる事であり、経済の平等が実現したら誰も日本に来て辛い仕事しなくなります。つまり私はSDGs追求したら案外日本人の生活辛くなるし、民主主義がしっかり機能しているのであれば多くの日本人はこんなこと望まないですし、その結果政府もこんなこと推進しないと思います。ここで元国連職員だった先生に聞きたいのですが、日本が衰退してでも世界の国々の平等実現するべきだと思っていますか?

――

どの辺から回答しようかと思いましたが、下記のように回答しました。

――


ここにはいくつかのことが混在していると思います。

国家同士が経済的に対等になるということと、人間各個人が平等であること、さらには人間各個人の人権が守られるということは、すべて違うことです。国連は国家の集まりである以上、国家同士が経済的に対等になることを目指してはいないし、仮に目指そうという人がいても国家の集合体である以上無理だと思います。

国連が目指すのはそうではなく、あまりにひどく、絶対的で変えようのない貧困という状態から各個人を救おうということです。それは個人が最低限の生活をできるように、そのような世界の仕組みを作ろうということです。そのような世界の仕組みということは、すなわちそのような仕組みを国家が持つ世界ということです。

訃報と命の重さ

1週間ほど前にウガンダから訃報が届いた。

我が家が仕事でウガンダに赴任していた際に
友人から推薦を受けて我が家で働いてもらった、
万能な青年ジェームズ君。
始めは運転手と支払や買い物など外回りを担当してもらうスタッフだったのが、
実はセキュリティガードのマネジメントや
電気やガスなどサービス会社との様々な交渉や立会いにも
めきめきと頭角を現し、
色々と建設的な意見もくれるし
それでいて温厚な性格のため、
我が家のことはほぼジェームズ君に任せきりだった。
私が彼につけたニックネーム:Mr. Do-Everything.

彼のお家は大変貧しかったので、
私たちが引き上げる際には
ガスコンロ・ボンベから水を汲む道具、調理用具などまで、
一式彼に残してきたのだけれど…

その後結婚して子供が生まれて
とても喜んでいたと思ったら、
息子さんが事故死してしまったという訃報。
よく聞いてみると、
安全基準を満たしていないと思われる
電気湯沸かし器で沸かしたお湯で
紅茶を入れていたお母さん。
そのお湯が息子さんにかかってしまい、
お湯に電気が通って
一瞬で感電して亡くなってしまったのだと。

この命は、絶対的な貧困がなければ
失われなかった命だ。

安全基準を満たしていない湯沸かし器を
使わなければ良いではないか、という問題ではない。
安全基準を満たす湯沸かし器を買う経済力もないし、
お母さんには常に多忙だろうから、
さっとお湯を沸かせる湯沸かし器を重宝していたのだろう。
きっと誰かからいただいたものを
ありがたく使っていたのだろうと推察する。
ものすごく働き者のジェームズ君。
色々とアイディアもあるから
電気のコードなども
リサイクルから自分で接続したりして
何とかやりくりしているのだ。

貧富の差の激しいウガンダには、
ジェームズ君のような人はいくらでもいるし、
外国人の家庭で働けたジェームズは
とても幸運だと考えられている。
地元の富裕層に雇われたスタッフたちは
一般に半分以下の賃金で倍以上働かされるから。

貧富の差の大きな社会構造は
なかなか変わらない。
家にスタッフを雇うということに
抵抗があったこともある。
外国人が現地の人を雇う上下関係に
加担することに抵抗があったから。
でも、我が家にスタッフを雇うことで
少しでも何人かでも
仕事があるということは、
その家族、親せきまで食べるものに困らないということだ。
また、そうしてスタッフに作ってもらった私の時間を
このような世界の構造を変えるための試行錯誤の一環に
大切に使わせてもらえた。

それにしても、小さな命が
こうやって地球の向こう側で一瞬で失われたことに
非情を感じる。
命の重さは皆同じなのに
大人になるまで生き延びる可能性は
確実に不公平な配分だと思う。

フィンリー君、どうか安らかに。

プロフィール

hyoryumin_jane

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ