キハラハント愛の世界漂流徒然日記

国連平和維持活動、国際人権法、治安部門改革の分野で活動する キハラハント愛のブログです。

模擬裁判

国際人道法模擬裁判 優勝おめでとう

IHL Moot Japan 1st prize with chief judge

11月30日―12月1日、
ICRC国際人道法模擬裁判 日本大会がありました。
9大学のチームが参加し、
東京大学からは私がコーチをしたこのチームが参加しました。

東京大学チームは
2年生率いる学部生チーム。

4月に初めて国際法について
授業で教えた2人は
1年生と秋入学の2年生。


最後の1~2週間の頑張りが物凄いチームでもあり、
メモリアルを書いていた時点の3人と
この大会で優勝した時点の3人は
別人のようです。

優勝おめでとう!

3月には日本代表として
アジア大会に出場します。


ICC模擬法廷の裁判官を務めました

昨年に引き続き、
ICC(国際刑事裁判所)の模擬法廷
裁判官を務めました。

参加チームのメモリアルを
採点するものです。

今年採点したものは
とてもユニークなアイディアと
明確な法的議論をしたものが多く、
採点していても
とても興味深かったです。
同時に、博士課程を終えてから見てみると、
提出されたメモリアルの中に
博士論文の更生の課程で
自分も直された、考え方、議論の仕方について、
直すところがたくさん見えて、
採点する際に
参加チームにより効果的な提案ができたと思います。

国際刑事裁判所(ICC)模擬裁判のメモリアルの評価をしました

国際刑事裁判所(ICC)の模擬裁判
グロチウス国際法学センターによって運営されており、
各国の法学を学ぶ学生(主に修士課程の学生)さんたちが
架空のケースについて、色々な立場で議論を戦わせる場です。

今年は、私も参加する学生グループの
メモリアル(各立場で議論した提出物)を評価しました。
なかなかクリエイティブな議論もあり、
中には素晴らしいメモリアルもあって、
とても興味深い経験となりました。

英語で法学のPhDを取った方、
もうすぐ取れる方、評価する立場で参加することをお勧めします。
エセックス大学や、類似の大学には、
来年はコンペティションに学生グループを送ることを勧めようと思います。
記事検索
プロフィール

hyoryumin_jane

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ