キハラハント愛の世界漂流徒然日記

国連平和維持活動、国際人権法、治安部門改革の分野で活動する キハラハント愛のブログです。

性的暴力・搾取

11月16-17日 難民・移民と教育 国際会議

11月16日から17日、人間の安全保障学会と日本開発学会の合同年次会として、難民・移民と教育に焦点をあてた大きな国際会議が開催されます。東京大学駒場キャンパスにおいて行われます。

基調講演には、世界の難民学の第一人者と言える、オクスフォード大学難民学研究所のジェフ・クリスプ教授を初め、IOMからは移民のグローバルコンパクトの起草過程に関わってこられたエバ・アケルマンーボルジェさん、日本のUNHCR代表をされた滝澤三郎先生という素晴らしい方々にお話しいただきます。この進行司会を務めさせていただきます。

もう一つ非常に楽しみなパネルのモデレーターを務めます。企画パネルのグローバルガバナンスパネル。現在一橋大学、もとIOMにいらした橋本直子先生、グーグルにお勤めでGlobal Governance Futuresのフェローでもある、サイード・アブドゥルラエフさん、そして開発と収賄の研究でご高名な小山田英治先生(同志社大学)の3人のスピーカーをお招きしております。

私自身は国連の性的暴力・搾取が警察活動に与える影響について、報告します。性的暴力・搾取そのものが警察活動に与える影響だけでなく、国連が性的暴力・搾取に取り組む仕組みが警察活動に与える影響についてもお話しさせていただきます。

日本のみならず海外からもたくさんの研究者・実務者の集う、大きな学会となりました。サイドイベントとして、ロヒンギャの方々を追った写真展や、難民の方々の体験談を聞く「難民カフェ」など、さまざまな催しがあります。


詳細は、こちらをご覧ください。分科会などの内容も見られます。


なんと、日本の学会には珍しく、託児所の設備もあります。ぜひ皆さんお誘いあわせの上、いらしてください。


国連平和活動における性的暴力・搾取の総合的アカウンタビリティに着いてのセミナー

Seminar 9august2019

8月9日 東京大学ヒューマニティーズセンターのオープンセミナーとして、共同研究者であるロンドン・スクールオブエコノミクスの女性・平和と安全保障センターのセンター長であるマーシャ・ヘンリー先生とともに、国連平和活動における性的暴力・搾取の総合的アカウンタビリティについてのセミナーを開催しました。

ヘンリー先生は社会的・国連という国際機関としてのアカウンタビリティについて、
私は加害者の個人的アカウンタビリティについて、
それぞれお話させていただきました。
https://hmc.u-tokyo.ac.jp/ja/open-seminar/2019/un-peace-operation-problem/

ジェンダー学がご専門の先生の視点で国連という機関を見ると
同じ研修材料などを見ても違うことに気づかれるようで
共同研究という形でタッグを組めたことは良かったなと思います。

私の研究は性的暴力・搾取の中でも
犯罪に関して個人の責任を追及、
それを追及する国際機関として、国家としての責任と役割といった辺りなので、
アカウンタビリティと言ってもヘンリー先生と私の研究分野はかなり異なります。

9月には国連の幹部の方々をご招待して
ニューヨークでラウンドテーブル会議を予定しており、
ますます力の入る研究プロジェクトです。
この企画を実現させてくれた
東京大学ヒューマニティーズセンターに
共同研究者ともども感謝申し上げます。


4月12日国連平和活動における性的暴力・搾取が許容されている背景についてのセミナー

4月12日、東京大学のヒューマニティーズセンターのプロジェクトで
ロンドン・スクールオブエコノミクス(LSE)から招聘している
Marsha Henry先生(Centre for Women, Peace and Security所長)とともに、
「国連平和活動において性的暴力・搾取が許容されている背景」についてのセミナー
本郷キャンパスの東洋文化研究所にて開催させていただきました。

私が続けてきた法的アカウンタビリティについての内容をアップデートし、
10年越しのデータを公開する準備をするとともに、
社会学的な見地からどうして性的暴力・搾取がなくならないのかということを
ヘンリー先生に国連のシステムと考え方、研修、などについて
お話ししてもらい、
9月に予定している、
国連本部におけるラウンドテーブルでの発表につなげようというものです。

開始時間が17:00と、早かったこともあり、
開始時間に間に合わないが途中から来てくださった方々も多く、
椅子が足りなくなってしまいましたが、
おかげ様で各方面から色々と質問・コメントなどをいただき、
ラウンドテーブルに向けて準備を進めて行けそうです。

ご来場くださいました皆様、どうもありがとうございました。
ヒューマニティーズセンターの皆様、
ヘンリー先生の招聘と共同研究、セミナーにつきまして、
色々とご準備・ご手配くださり、どうもありがとうございました。


CIMG0004
CIMG0479
記事検索
プロフィール

hyoryumin_jane

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ