キハラハント愛の世界漂流徒然日記

国連平和維持活動、国際人権法、治安部門改革の分野で活動する キハラハント愛のブログです。

アカウンタビリティ

ACUNS(国連システム学術評議会)年次会プレナリー発表

ACUNS(国連システム学術評議会)は
国連について研究する研究者と
国連で働いている、または働いていた実務者とが一堂に会する
最大のフォーラムです。

私も毎年年次会に参加していますが、
今年は6月15日から17日、
韓国のソウルで開かれました。
今年はプレナリー(全大会)で発表させてもらえました。

ACUNS Seoul presentation

国連の人権についてのパネルにて、
国連警察の刑事的アカウンタビリティについての発表です。
国連警察が実際に重大な犯罪を犯しているのか、
1990年以降の犯罪について、
ひとつひとつデータを検証し、
それぞれ訴追されているのか調査し、
結果訴追されていないという実情に基づいて、
何が訴追の障害となっているのか、検証しました。
法的には、よく言われるのが国連警察の派遣国が
刑事的管轄権がないのではないか、という点と
国連で働く人員の持つ特権免除についてですが、
85パーセントほどの派遣国について
ひとつひとつ刑法と刑事訴訟法を調べ、
管轄権は訴追を阻む主な理由とはならないことを証明しました。
また、国連警察の持つ特権免除については、
業務と関係ない行為には特権免除がありません。
集めた犯罪行為については
ほぼ業務と関係ないものでした。
特権免除も訴追を阻む主な理由とはなり得ないことが判明したわけです。
ただし、国連が特権免除を使う場合、
その使い方は統制が取れておらず、
また、受入国において特権免除を認める理由として
受入国の人権状況に問題があるということを主張する場合があります。
これは特権免除とは別の問題であり、
別の議論(人権)を持って受入国での訴追を退けるべきであると主張しました。
国際人権法における、捜査と訴追の義務というロジックを持ってすると、
受入国、派遣国、並びに国連に、
それぞれ異なる義務の内容が認められます。

下記のリンクから、日本国際平和構築協会のページには英語でアップしました。
http://www.gpaj.org/2017/06/16/15314

国連警察に刑事的アカウンタビリティの研修

先週は1週間、

国連の国連警察と法務官の皆さんに
国連警察、ならびに国連平和活動に参加する人員による
犯罪行為に関するアカウンタビリティについて、
研修を行ってきました。
国連平和活動の法的枠組み、
国連平和活動に参加する人員による犯罪行為の分析
(現在私のデータベースに554件のケースが登録されています)、
国連平和活動に参加する人員に適用される法(国際法、国内法、内部法)
国連内部で犯罪行為に対処するメカニズムの分析、
刑事的管轄権、
国連の人員の特権、
国際法から見た国連と国家の義務、などについて、
具体的な例をたくさんあげながら
説明・ディスカッションをしていきました。

大抵、研修と言うと

研修を行うチームがあって、

何人かの講師が教えたり

ディスカッションをリードしたりするのですが、

先週はまったく一人。

一応合意した研修プランに沿って半日。

その後参加者の希望によって

研修プランを変えたり、

時間を変えたりして、

やってみました。

研修は生き物。

目的、参加者のバックグラウンド、経験、

希望、性格、

研修の場所、などによって

変えないと効果がないのです。


初日に、

「この研修は私のプライオリティじゃないから

明日から不参加かもしれないわ」と

言っていた女性参加者。

見事に最後までアクティブに参加してくれました。


世界中でたくさんの平和活動に参加されてきた
警察官、法務官の皆さんの
率直な意見が
出てきて、

私もとても面白かったし、

何人かの参加者の方々から

とても率直なお褒めの言葉をいただきました。

ある参加者の方が、

研修3日目に、

「このテーマについて、

あなたの知識を持っている人は

いったい世界に何人いるの?」と

質問してくださいました。

他の参加者は、

「あなたの話し方は、なんて分かりやすいのでしょう。」と。


全く一寸先は闇だった、この研修。


今後も色々とアドバイスをください、と
参加者の方々に言っていただき、

ひとつ、自信の種になりました。


どうもありがとうございました。

国連人権高等弁務官事務所で発表しました


11月26日、
所用でジュネーブに行っていたので、
その間に国連人権高等弁務官事務所の
研修部に連絡を取り、
事務所内のスタッフ向けに
国連警察の犯罪のアカウンタビリティについての研修を行いました。

同事務所内では
以前から国連平和活動要員による
犯罪行為・不正行為についての
アカウンタビリティの枠組みについての
基礎的な研究が行われており、
現在の国連人権高等弁務官は
関連のアドボカシーの第一人者であることもあり、
参加したスタッフからは色々と質問がありました。

今後私の研究をどう国連改革に活かして行くか、
続けて協議することになりました。

ZIFの法の統治研修・アカウンタビリティのセッション講師

ドイツはベルリンにて、
ZIF(Center for International Peace Operations)と
Folke Bernadotte Academy 共催の
法の統治についての研修に行ってきました。
この研修は定期的に行われているのですが、
今回初めて平和活動に関わる人員による犯罪行為・不正行為の
アカウンタビリティについてのセッションが
組み込まれ、講師として行って来ました。

主催者・参加者の
アカウンタビリティについての興味が非常に強く、
質問がたくさんあったことで、
1時間半のセッションの予定が、
次の日も追加セッションを頼まれ、
追加でセッションを行いました。

様々な平和活動で働く職員が参加者だったので、
各現場の話も聞くことができ、
非常にためになりました。

ありがとうございました。


training 2

青山学院大学法学部で発表しました

日にちが遡りますが、
7月7日に
青山学院大学 法学部にて、
国連警察による犯罪行為のアカウンタビリティについて
発表させてもらいました。

もっと分かりやすい
国連の人権部門の話や
平和活動の現場の話がいいかと思っておりましたが、
学生さんの希望により、
博士論文の内容を発表することになりました。

多少専門的な話にならざるを得ませんでしたが、
学生さんたちにこの分野に興味を持ってもらえて
質問も色々とあり、
有意義な時間となりました。

ありがとうございました。
記事検索
プロフィール

hyoryumin_jane

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ