Humanities Center report

東京大学ヒューマニティーズセンターのニュースレターに、
同センターのプロジェクトで開催した
国連平和活動における性的暴力・搾取についてのハイレベルラウンドテーブル会議のカンファレンス・レポートが掲載されました。

昨年9月に
国連被害者の権利アドボケートのジェーン・コナーズ女史と
共同研究者でロンドン・スクールオブエコノミクス(LSE)の
マーシャ・ヘンリー准教授との共同開催で
ニューヨークの日本政府国連代表部にホストしていただきました。

国連次長、次長補が4人列席してくださり、関連の幹部と研究者が
それぞれの立場から意見を交換しました。

報告書はこちらから見られます。

改めてこの研究を可能にしてくださった皆様に御礼申し上げます。