キハラハント愛の世界漂流徒然日記

国連平和維持活動、国際人権法、治安部門改革の分野で活動する キハラハント愛のブログです。

7月17日 国連高等弁務官事務所 討論

7月17日にACUNS(国連システム学術評議会)東京事務所と国連ヨーロッパ本部の主催で
東アジアの学者・研究者の方々と共に
国連高等弁務官事務所(OHCHR)を訪れた際の
討論の記録について、OHCHRのクリアランスが出ましたので
ACUNSのウェブサイトと共に、こちらでも公開します。
Deputy High Commissionerが人権にかける熱意の伝わる
大変素晴らしい討論の機会でした。

関係者の皆様、貴重な機会をいただき、ありがとうございました。

―――
Human Rights is NOT in Retreat insisted the Deputy UN High Commissioner for Human Rights Kate Gilmore, while Importance of Universal Periodic Review emphasized by UPR Chief Mr. Gianni MAGAZZENI

 

Deputy High Commissioner Gilmore saw real benefit in the academic collaboration with East Asian scholars and first opened the floor for the commentators.

 

Prof. Ai Kihara-Hunt of the University of Tokyo, Japan, inquired with the Deputy High Commissioner how the UN-OHCHR was dealing the global trend of retreat of human rights, and what its strategy is in tackling the issue of globally shrinking space to speak up for human rights. In particular, the speaker asked if there was a way of collaborating with the group, who share two common features: they are East Asians, and they are academics.

 

In presenting the trend of retreat, Prof. Kihara-Hunt mentioned that examples of the rise of populism needed no mention among the informed participants. In more States, vindictive and xenophobic rhetoric of populism were more apparently and bluntly in the face of the general population. It was at multiple levels, from the government policies to the public’s attitude toward outsiders, and worryingly, this trend was even in the laws and regulations, through which more discrimination appears to be legitimized.

 

In the case of Japan, too, the government’s survey on the public awareness of human rights, suggested that the vast majority of the Japanese population are aware of human rights, noting that the topics that they inquired about were mostly concerning categories of persons who may face discrimination but did not other substantive topics, such as death penalty, freedom of opinion and expression, sexual violence, ill-treatment against foreign workers, immigration. Rights and freedoms are necessary to create democratic space for everyone’s human rights.

 

She encouraged East Asian scholars to contribute to the endeavor of maintaining and regaining space for human rights.

 

Prof. Sheng of China asked if there is a gap between the Office and the people in the field, referring to the human rights situation of women and children in Central African Republic. He also asked how much impact the US’s withdrawal from the Human Rights Council has.

 

Professor Changrok Soh of Korea University thought there should be an East Asian dialogue about human rights, even if this does not happen at the State-level. He recommended that Universal Periodic Review (UPR) be used as a topic of discussion among the East Asian scholars.

 

Mr. Inuzuka, former member of the Japanese Diet, wondered what the Responsibility to Protect concept would be in relation to peacekeeping in the era of President Trump.

 

Deputy High Commissioner questioned whether human rights are really in retreat, and if so, by what measure would we assess this to be the case? After all, the Universal Declaration of Human Rights, signed 70 years ago, has since been included in almost every new national constitution established subsequently; the majority of UN member states being constituted post-WW2. There are now laws in countries all over the world that reference the contents and/or values and/or purposes of the Declaration enabling the cascade of human rights from the universal and the global to the national and the local.

 

The Universal Periodic Review (UPR) is concrete evidence of this universal engagement in human rights, having now passed through two cycles with which all States cooperated while, for example, the Rome Statute establishing the International Criminal Court with jurisdiction over international crimes, is further evidence that never before has the world been so aware of human rights; of those who are lost to human rights violations and of States’ potential for abuse of power and their obligations to relative powerlessness.  Never before have we known so much about the nature and causes of preventable human suffering; never before has so much evidence been collected about the violations/abuses of human rights; never before has there been so many forums in which evidence of these matters can be put before member states. These are not the circumstances of defeat or of retreat. That being said, there is no question that political discourse has deteriorated: political narrative about universal rights has worsened as has the moral character of that political discourse.

 

She further emphasized that claims for rights to be upheld were not in retreat. Human rights defenders continued to demand for human rights. The number of people documenting human rights evidence has increased.  There is a broader based clash between people’s demand for rights and the State’s efforts to “supply rights”. She expressed her opinion that it was important to challenge current negative political narratives, by building coalitions to amplify the demand for rights. She noted specifically that what is under assault are not only values, but also the place of fact and of evidence. The norm that public policy should be based on evidence and on impartial standards was under assault.

 

How this retreat from the disciplines of standards, norms and evidence-based policy making has an impact is clear in peacekeeping. The UN is overdependent on certain donors; it has its political economy that affects its policy making including in respect of fulfilling its mandate in times of conflict.

 

Times are changing.  There are more people than ever on the move. Climate change is a local problem with only global solutions. Inequality is the gravest threat to enduring peace. There are alive today more young people than ever before in human history. All of these – and many more – directly concern people and where ever people are concerned there are inevitably human rights concerns.  We all must do more to elevate the demand for rights, including in East Asia. Geneva itself – alone - is not the answer. The answer will always involve a key role for local social movements. She concludes that we all have rights – without exception - but that not everyone has the same degree of responsibility for rights. The more power one has, the more responsibility we have to defend, protect and uphold rights.

 

Concerning the Universal Periodic Review, Mr. Gianni MAGAZZENI, Chief of the UPR Branch, Council and Treaty Mechanisms Division (CTMD), explained that while the Universal Periodic Review (UPR) takes place in Geneva its main objective is to improve the human rights situation at country level. It is a peer review of every member state, which benefits from the contribution of other stakeholders as well, including independent national human rights institutions and human rights associations active in country as well as regional organizations, if they  submit  information within given deadlines. For the UPR, hundreds of pages are considered and then summarized in a report of maximum 10 pages. In addition, OHCHR prepares also a compilation of UN documentation, received from UN Treaty Bodies, Special Procedures Mandate Holders, which complement state reports. The UPR has entered its third cycle in May 2017. On average, each delegation is led by one or more ministers with an average number of 20 state officials, and about 100 states making an average of 2.4 recommendations (i.e. more than 200) for each review. The review takes place in Geneva but the UPR focuses on the implementation and follow up of recommendations – especially those that are accepted - in each Member State. By strengthening national coordination and follow up mechanisms and enhancing the links between human rights requirements and the SDGs States will be able to better address root causes and prevent emergency situations. The UPR has 100% participation record so far: i.e. it is a mechanism accepted by all member states, which come to Geneva for the review. The main challenge in this third cycle is implementation which - if systematically ensured - will greatly enhance prevention and the success and sustainability of the Agenda 2030 and the Sustainable Development Goals (SDGs). The entire UN system, in addition to OHCHR needs to work more with Governments and other national stakeholders in order to support at least accepted UPR recommendations leading to the strengthening of the national protection system and relevant changes in laws and practices. Thus, if human rights are at the core of efforts at the SDGs, all the three pillars of the UN Charter (peace and security, development, and human rights) will be significantly strengthened.

 
[Report written by Mr. Simon Panchaud and Ai Kihara-Hunt, edited by the Deputy High Commissioner's Office at the UN-OHCHR].


国連警察長会議(UNCOPS)

6月20-21日、国連本部で
2年に1度行われる国連警察長会議(UNCOPS)に参加して来ました。

国連加盟国の警察を管轄する省庁の大臣や警察の長が一堂に会する
大きな外交会議です。

国連側からは国連警察の警察顧問(Police Adviser)を始め、
国連平和活動の警察部門の長、
国連平和活動に関わる幹部も集まり、
とてもフォーマルな場です。

国連警察がどんどん危険で複雑な紛争の現場に入り、
国連も要員も攻撃の対象になるようになる中、
限られた人材と装備で
文民の保護や現地の安定化にも従事しなければならない
非常に挑戦の多い業務です。
それぞれの受入国のニーズに迅速にフレキシブルに対応し、
きちんとした装備と質の高い要員、
コミュニティとの対話に基づいて責任を持って業務を遂行できる国連警察。
これが一貫したテーマだったように思います。

個人的にはフィールド支援局(Department of Field Support)の
国連事務次長捕がスピーチの中で
「警察はコミュニティの中に入り
コミュニティとの信頼関係をもとに業務を遂行する機関であり、
要員の行動は人々に見えやすいので、
要員一人一人の行動がより重要」という点と、
「国連要員による性的搾取の申し立てについては
隠すことなく透明性を持って対処することが重要」とおっしゃいましたが、
私も拙稿の 'Holding UNPOL to Account' で
犯罪について全く同じことを主張しており、
この考え方が国連事務次長補にシェアされていることを
とても嬉しく思いました。

また、国連の警察アドバイザーである
Luis Carrilho氏とお話しした際に、
国連警察のアカウンタビリティに熱意を持っていらっしゃり、
彼の政務アドバイザーと共に
非常な興味を持って拙稿を参考にしてくださっていると伺い、
大変元気づけられました。


UNCOPS 1



以下、この会議のスピーカーのポイントを
自分と日本の国連代表部用に簡単にまとめた簡易メモを
公開します。
内容につきましては
あくまでも自分用のメモとして用意したものですので、
引用される場合には
国連からオフィシャルに発表される原稿をお使いください。

ーー

国連警察長会議

2018621

 

簡易メモ 

東京大学大学院「人間の安全保障」プログラム准教授 キハラハント 愛

 

オープニング

Maria Luiza Ribeiro Viotti, Chef de Cabinet, Office of the SG

  • 女性警察官の増加、ジェンダーに考慮した警察活動、被害者に重きをおく警察活動の重要性を強調。

 

H.E.José Ramos Horta,Norbel Peace Prize Laureate and former President of Timor-Leste

  • 国連警察の業務遂行の成功例としての東チモール警察。

  • 国連警察の業務の複雑さ。

  • HIPPO報告書において、政治的解決の優先、ニーズへの柔軟な対応、治安維持におけるパートナーシップ、フィールド中心の国連セクレタリアットの重要性を指摘した。

  • 国連本部リーダーシップの多様性と複雑性。

     

 

セッション1

Mr.Jean-Pierre Lacroix, USG for PKO

  • 警察は人々を保護(プロテクション)し、コミュニティが安全だと感じるようにする業務

  • コートジボアール、リベリアのミッション終了。全てのステップ(エボラ熱を含む)を国連警察が共有。

  • ハイチは治安維持と人権が中心で201710月に最大の人員を配置。

  • 平和活動は政治的解決の糸口が見えない中で活動するようになり、これは大きな課題。

  • 国連警察は常にホスト国のカウンターパートと共に長期的な政治的解決を見据えて活動。

  • 国連警察の直面する脅威は多様化。リソースとマンデートが合うようにする必要性。

  • 事務総長のA4Pイニシアチブでは5つのP(Politics,Performance, Partnership, People, Peacebuilding)を核に。

  • 紛争を防止するのに国連警察の役割は大きい。リソースを含む支援が必要。人材と機材。

  • コミュニティへのロールモデルとしての国連警察。コミュニティをつなぐ役割、特に弱者を守る存在として。

  • SPTは能力のギャップを埋めるために重要なツール。特に犯罪分析、ケースマネジメント、サイバー犯罪、経済的犯罪、法医学、コミュニケーションの分野がより重要に。

  • 要員の安全についてアクションが必要。(クルーズ報告書)国連平和活動要員に対する犯罪において、訴追のためあらゆる措置をとる必要。

  • SGFを共通の認識とし、地域機関、国連加盟国、すべてのアクターが協力することが重要。

 

Mr. AtulKhare, USG for Field Support

  • 70年のPKOの歴史でのべ10億人の要員。現地の状況の変化。

  • クルーズ報告書の勧告を実践して刻々と変化する現地の状況に対応する必要。

  • 技術の進化を利用してリソースを最大限に有効活用。例としてMINUSMAのキャンプ、今年あと4キャンプ設営。監視カメラ。

  • 医療研修と状況認識研修。

  • 現存のギャップは、例えば夜間飛行のできないヘリコプターにより夜間の緊急医療避難ができないこと、また派遣国が要員と共に送る機材に不備。

  • 国連リーダーシップだけでなく国連機関自体にも問題。不足をクリエイティブな方法で充足し、資金を無駄にすることをやめ、サービスを適切に届ける必要。

  • 不法行為は人々の信頼を裏切るので、ZeroToleranceはあらゆるレベルで重要。

  • 男女平等は国連内あらゆるレベルで必要。

  • 継続的に加盟国と対話し、支援を受けて機材、要員の選抜、要員の安全と福祉を向上していくことが重要。

 

Mr.Michel-Ange Gédéon, DG of theHaitian National Police

  • 国連はハイチで7ミッションを展開し、改革、ハイチ警察の強化を行った。20186月でハイチ警察は23周年だが、国連が不在だったのはわずか数年。

  • 国連警察はハイチで平和を支援し、弱者を守り、ハイチが国際的な信頼を得るのに大いに貢献した。毎日の業務と能力開発の両方において。

  • 2014年初頭にハイチ警察の半分が業務を放棄し、同年4月に安保理決議1542に基づいて国連警察が安定化、警察再建、法の支配と公共の治安に従事。

  • 国連警察の助けのもとに、ハイチの警察は3回の五か年計画を立てて機構内の能力開発と改革。途中地震もあったが計画は成功、112全てのコミューンにおいて警察を配備済。

  • 2017-2021の戦略的計画においてはハイチ警察が自ら作成、実施できるまでになっているが、国連警察の恩恵を受け続けている。

  • 国内の安定化において、警察機関を強化することが優先事項である。

  • 基本的な警察業務の遂行の支援から、現在では高官への支援、アドバイスへと性質が変化。国内の治安は改善し、国連警察はSPTを送って支援している。国連警察から既にハイチ警察に権威の移行が順調に進んでいる。

  • ハイチは国連警察の貢献に満足している。

  • 国連警察の課題として、ロジスティック、機材・リソースがある。機材・リソースは現場の状況に対応しなければならないが、例えば車両やヘリコプターが不足している。一方、国連警察による小型ドローンの使用はとても効果的であり、ハイチ警察もこれを取り入れる。

  • もう一つの国連警察の課題は要員の質と技術が派遣国によって大きく異なることである。受入国のニーズに合った質と技術の要員が派遣されるべきである。例えば言語能力は、質の良い警察活動を行うために重要であり、また、現地の文化を知ることで現地の人々と良好な関係を築くことができる。質の良い、また特に女性の警察官を送ってほしい。性的犯罪や人権侵害に対処するためには重要である。

     

    セッション2

    Mr. Alexandre Zouev, Assistant Secretary-General for Rule of Lawand Security Institutions

  • OROLSIの中では国連警察が一番大きな機関で、113か国からの警察長・代表が参加するこの会議は重要。

  • 紛争、紛争の構造の分析を早期に、警察も入れて行うべき。

  • 対話、合意の構築、調停における積極的な国連警察の役割。コミュニティとの対話により紛争の原因となる苦情、不満を発見し、紛争予防に役立てる。

  • リスクを早期に発見し、意思決定のレベルに効果的に進言できるよう研修を。

  • 紛争が起きてから対応する体制を変え、パートナー機関とも協力し、国連警察が国連システム全体への情報提供の中核となるよう、より積極的な姿勢が必要。既にPKO以外でもシエラレオネ、イエメン、ブルキナファソなどで活動。

  • 警察活動は全ての場所で全てのパトロールを担当するのではなく、国家レベルで受入国の警察を再建・再構築することを目指すべき。

 

Mr. AndrewGilmour, Assistant Secretary-General for Human Rights

  • 警察と人権は共に法の支配、司法、人々を支える自然なパートナーである。人権を尊重する警察はより合法性も高く、効果的に警察の業務を執行できる。人権は警察の内外からの監視にも貢献する。

  • 人権は紛争が起こる可能性のある場所でより重要であり、中央アフリカでは現地警察要員の査定を行ったり、各地で能力開発、人権侵害の捜査、選挙違反などについて、国連警察と協力している。全世界において、HRDDPHuman RightsDue Diligence Policy)や警察の行動の改善、強制力を伴わない捜査方法と証拠収集、などについて協力している。

  • 人権担当官と警察官は規律管理にも相互に貢献できる。

 

Ms.Anne-Marie Orler, former UN Police Adviser and Director of the Police Division

  • 犯罪の予防も紛争の予防も成功を測定するのは難しい。複雑化する紛争の中で、国連、加盟国、市民社会が一丸となって紛争予防に努めなければならないが、平和のためのアジェンダには紛争のない国でも紛争予防を組み込んでいくべきだ。

  • 警察は元来事件後に対応し、結果を見せる機関であって、予防は見せる結果がないため予防を優先するのが難しい。

  • 直接的で機構的で制度的な予防を体制に組み込んでいく必要がある。1.コミュニティと市民社会と共にコミュニティ内、またコミュニティ通しの緊張関係を察知すること、2.紛争の原因を察知し受入国の警察の一般市民との関係を改善し信頼関係を築くことを支援すること、3.超国家的・組織的犯罪についてINTERPOLUNODCなどとパートナーを組んで各国が対応できるようにすること、を勧告する。

  • 紛争中の活動は紛争分析に基づき、また、全ての活動はジェンダー分析に基づいて行うべきである。

  • 国連警察は状況分析できる能力があるので、これをミッション共有の状況分析に組み込み、また、特に政治的・経済的な面のある犯罪については情報をミッションの中の経済的分野、政務分野とも共有し、紛争の種について早期に警鐘を鳴らせるようにすべきである。

     

    セッション3

    Mr. Mark Kroeker, formed UN Police Adviser and Director of thePolice Division

  • アカウンタビリティとパフォーマンスに焦点を当て、警察派遣国、国連加盟国、受入国、資金供出国が共に責任を持って協力していくことが重要。

 

Ms. LisaButtenheim, Assistant Secretary-General for Field Support

  • 平和活動において、各アクターが責任を共有し、よりフレキシブルに、高い適応性と明確な意思決定をしていくことが鍵となる。要員の死傷を最小限にすることにも力を入れる。

  • 信頼できるデータ、指標、顧客調査などを元にマネジメント改革やサプライチェーンの統合を進めることが大切である。

  • DPKOから軍と警察のシステム全体で使うパフォーマンス評価ツールを作成した。

  • 2017年にDFSが世界を対象に行った顧客満足調査では72%の国連警察官がDFSのサービスに満足しているという結果が出て、これは前年より4%満足度がアップしている。

  • 要員による不法行為や性的搾取は国連が最も憂慮していることの一つで、メディアは国連の他の事務所などと比べてPKOについてばかり報道しているが、これはPKOが展開する場所の弱い立場にある人々のことを考慮すると納得がいく。国連事務総長は性的搾取の問題について「ゼロ・トレランス」を掲げており、国連はこの問題を撲滅するために特有の責任を負っている。2018年には警察・軍に対してより厳格な査定措置を取り始めた。また、立証された性的搾取の加害者については、以降PKOに従事できないように厳格な追跡システムを確立させている。性的搾取の申し立てに対応するだけでなく、予防することも国連の責任であり、重要なのは申し立て・苦情に防御的姿勢ではなく透明性を持って対処することである。事務総長は被害者の支持をするASGのポジションを初めて作り、ASGがミッションを訪問し、被害者のサポートをするだけでなく各ミッションにも代表を指名する。警察はコミュニティから見えやすいため、現地の人々のロールモデルとして人々との間に信頼関係を築くことが大切なため、国連警察官の行動は大変重要である。このため、データベース、本部職員にも義務付けられているeラーニングプログラム、など、中央に集められて制度的に使用されるツールが重要な役割を果たす。

  • 事務総長はマネジメント改革、フィールドへの分権を強調している。意思決定は、決定される必要のある事項に近いところでされるのが良い。

  • 国連職員・スタッフの男女比は2028年までに50-50%を目指しているが、国連警察は現在女性が10%ほっである。

 

CommissionerLuis Carrilho, Police Adviser and Director of the Police Division

  • 2016年の初めてのUNCOPSでは国連警察を平和と安全保障の分野の中核に持ってくることが合意され、パフォーマンスとアカウンタビリティを改善することが合意されたが、これは全てのアクターの責任である。

  • 2017年の国連警察についての決議はアカウンタビリティ、透明性、効率と効果を謳っている。

  • SGFに沿った雇用と研修が重要。武力の使用については安保理決議が決定すること。

  • 警察部門の長やミッションの長はパフォーマンスに問題がある場合にきちんと対応し、フォローアップすることが重要で、また、指揮責任もしっかり問う。

  • PoliceDivisionとしてはパフォーマンスとアカウンタビリティの徹底に力を入れ、最終的な目的に向かって効果的にマンデートを執行する。

  • 国連警察が現地で行うべく期待されていることをベースに、姿勢、考え方、研修、機材・リソースを整え、国連警察のアカウンタビリティをしっかり確立していく。

 

Mr. AwaleAdbounair, Police Commissioner, UN Organization Stabilization Mission in theDemocratic Republic of the Congo

  • より複雑な現地の情勢、国連とその要員に対する攻撃、などを経て、クルーズ報告書で強調されたのが、国連と要員の意識を現状に適合させる重要性である。現在国連要員に対する攻撃は頻繁に行われており、そのような中で現地にFPUを含む警察を派遣するため、余計に業務遂行と行動規範の両方についてのパフォーマンスを評価することが重要である。

  • 関連して、FPUへの研修、文民の保護について現地の能力を強化すること、厳格なパフォーマンス評価と基準を下回る要員・部隊を送還すること、指揮官が不法行為や業務不執行に対して迅速に対応することが重要だ。

  • 性的搾取については全てのレベルでゼロ・トレランスを厳守することが重要。例えばMONUSCOでは全てのスタッフが義務付けられている追加措置がある。

  • 新しい文脈で行われるPKOにおいて、新しい課題に対応し、ブルーベレーが世界中の平和に貢献できるようにしていく。

     

    ConcludingRemarks

    Mr. Jean-Pierre Lacroix, Under Secretary-General for PeacekeepingOperations

  • 国連警察の業務は増加、複雑化。国連警察は平和構築にも開発のフェーズでも重要で、その業務の鍵はより迅速に責任を持って対応することである。

  • 各国が自国の警察をより強化し、紛争予防における国連警察の役割を認識し、ジェンダー比を全レベルで50-50にし、不法行為に迅速に対処することが重要だ。

  • その上で、国連警察がきちんと装備を持ち、遂行可能なマンデートの遂行に当たり、現代的な技術を駆使し、効果的で責任を持ったリーダーシップのもと、他機関ともパートナーシップを組んで業務を遂行していくことが大切である。


国際法と恥

国際法を教えていて、
また、国際人権法や国際人道法を研究・追及していて
毎回あたる壁がある。
それは、現時点においても国際社会というのは国家の集まりであって、
どんなに崇高な規定や原則であっても
国家の意思がないところで
それを強制することができないという壁だ。

そうは言ってもこればかりはあまりにもひどい、と
紛争に入る前の国際法として
他の国家に武力で介入しない(jus ad bellum)、とか、
紛争をやっていても関係ない文民は犠牲にしないようにしよう(jus in bello、国際人道法の分野)とか
ここまで来たら個人の責任を国際法が直接問うべきだという
戦争犯罪、ジェノサイドや人道に対する罪などの国際刑事法などが
人類の失敗の反省をもとに制定されてきたのだ。

もちろん国際法の違反は常にある。

ただ、国際法違反をする各国家が、
国際法は遵守すべきであって
自分の国家は国際法違反を非常な罪だと考えているという
少なくとも表向きの顔があって、
それを元に
国家が自分で宣言した自分の義務をベースにして
国家に責任を問うことができるという、
センシティブではあるものの
何とかバランスを取った枠組みが、冷戦後20世紀の間は機能していたと思う。

近年は、国連人権高等弁務官のザイド氏も言うように
国家が国際法違反をすることに恥も外聞もない。
ウクライナ、シリア、ロヒンギャ、コンゴ(DRC)、そしてガザ。
しかも、それぞれについて、情報はあふれていて、
重大な国際法違反であることはすぐに分析できる状態であって、
重大な国際法違反をしている国家の国民が
自分の国に対して反対意見を表明することについて、
1.規制が強化されていく国、
2.国民が反対意見を表明する意思が弱まっている国、
3.国民が反対意見を表明するのに疲弊、または効果が期待できずしなくなっていく国、
と、多様な要素から、効果が今一つ顕著に出てこないという面がある。
イスラエル兵を写真で撮ったら禁固刑だとか、
ハンガリーで難民に食糧を支援したら処罰されるのだとか、
国内法も国際法違反の可能性の高い内容が次々と。
国際法というのはもはや機能しないのだろうか。

私の指導教官だったフランソワーズ・ハンプソン先生は
「それでも各国は自国の行動を国際法に則って説明している。
明らかな国際法違反であっても、
国際法自体が意味がないというところには至っていないのだ。」と
数か月前のセミナーでおっしゃっていた。

それはもっともなのだけど...
残念ながら、無力感というのは否めない。
国連は国際の平和を推進するために各国の合意で設立されたのではなかったか。
国家が自国民であれ大量に殺戮することは
内政の問題などではなく
人類に対する挑戦なのだと、
国際人権法、国際人道法、そして国際刑事法という分野が
これだけの時間をかけて確立されてきたのではなかったか。

ここは人類にとって、頑張りどころだ。

戦争を抑止することについては、
キング牧師が言っていた、
“Those who love peace must learn to organize as effectively as those who love war.”
本当にその通りだ。
戦争をすれば大きなお金と力が動くから、
戦争をする側は瞬時に結束できる。
平和を持続させることに、
同じような瞬時の結束は期待できない。
だからこそ、セクターを超えて
世代を超えて、息の長い結束をしていかなければ。

プロフィール

hyoryumin_jane

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ