キハラハント愛の世界漂流徒然日記

国連平和維持活動、国際人権法、治安部門改革の分野で活動する キハラハント愛のブログです。

コロナウィルス対策において人権を推進する


コロナウィルスと、それにより引き起こされるCOVID-19に
世界で様々な緊急の対策が取られています。
今回は、所属の東京大学のInternational Law Training and Research Hubに
コロナウィルス対策において人権を推進するという記事を掲載しました。
英語記事です。

教育の場にいて特に思うのは下記の部分です。

One more pertinent issue I would like to raise, as an academic at the University of Tokyo, is the confluence of the right to education with changes in classes due to Covid-19. The closing of schools and educational institutions, along with the switch to online classes, is necessary for public health and is legitimate under Human Rights Law (HRL), as certain rights can be suspended temporarily. HRL stipulates that special measures should remain proportionate to the aim sought, in addition to keeping in mind that the effect of a single measure is invariably experienced differently among various groups.

And while questions of economic status, computer availability, and internet access at home have been repeatedly discussed, there are many other questions worth asking: do students have family obligations at home? Are they allowed to study at home, and is there an enabling environment? Are there issues that they cannot discuss openly at home? Are there time periods when certain groups cannot study?

Moreover, the viability of new forms of learning must be examined. Can students learn as effectively through online or other means? Were they given sufficient instruction and time to get accustomed? Can we expect the same type and level of computer literacy for students? How is the strength of interactive classes and seminars substituted? Are students given sufficient opportunity to learn from their peers while they are off campus?

Again, institutions must account for their policies’ lopsided effects on certain groups. Do different genders or age groups have different difficulties? Do foreign students have access to sufficient and accurate information in the language they understand? Can hearing or visually impaired students make the most of what is provided? Is the institution making sufficient considerations for infected students? What about those who are subject to travel restrictions or in different time zones?

It is definitely not easy to cater to all needs, but that is not a valid reason to hastily brush these questions under the carpet. The key to effective policy involves flexibility – adjustments in consultation and discussion with students need to be on the table.

 

コロナウィルス感染防止上の東京大学総合文化研究科・教養学部の対応につきまして

東京大学総合文化研究科・教養学部(駒場キャンパス)ではコロナウィルス感染防止のため、
4月1週目に予定されておりました
私の所属しております「人間の安全保障」プログラムや地域文化研究専攻の新入生ガイダンスを含む
対面ガイダンスの当面の延期が決定されました。
授業も基本的に当面オンラインで行う予定です。
また、対面の課外活動・サークル活動や新入生勧誘の当面の中止、
海外渡航から帰国した教員・学生を含むすべての方々に
帰国後14日間キャンパスに来ることをお控えいただくようお願いしております。

大学では学生を守り、安全を確保した上で
1日も早く通常の教育・研究・交流が再開できるようにしなければなりません。

どうぞご理解とご協力をお願いいたします。


国際人道法ピクテ大会2020 東京大学チーム準決勝に

昨年9月の国際人道法ロールプレイ大会日本大会に優勝し、
11月のアジア大会で日本代表として出場して優勝し、
世界大会への切符を手にしていた東大チーム。
先週行われた2020年ピクテ大会に出場しておりました。

Pictet 34
昨年の4月に国際法の「こ」の字から始めた2人を含む、
学部2年生のチームです。
国際人道法に興味を持つまでに少し時間がかかりましたが
エンジンがかかってからの熱意は実に素晴らしかった。
コーチをしていた最後の方に来る質問は
実に鋭く、要所を押さえた質問が矢継ぎ早に飛んでくる状態でした。

毎年優勝を競う大学、シンガポール国立大学、ジュネーブアカデミー、エセックス大学、
に臆することなく頑張ったようです。

Pictet 34-5
準決勝に進み、決勝に残れるかかなり頑張ったようですが、
決勝には残れませんでした。

チームリーダーのアミシさんがベストスピーカーにノミネートされ、
最終的にはベストスピーカーは別のスピーカーに授与されたようですが、
とても頑張ったのですね。

Pictet 34-3

また彼らには次なる挑戦をどんどんしてほしいです。
おめでとう。
コーチをするのは大変だったけど、
こうやって着実に興味の芽が育っていくのはとても嬉しいです。
記事検索
プロフィール

hyoryumin_jane

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ