キハラハント愛の世界漂流徒然日記

国連平和維持活動、国際人権法、治安部門改革の分野で活動する キハラハント愛のブログです。

DCAFとの会議 (スイス大使公邸 会食)

DCAF dinner small




























先週末、軍の民主的統制ジュネーブセンター
(DCAF: Geneva Centre for the Democratic Control of Armed Forces)のディレクター、
Thomas Guerber大使が日本を訪れている機会に、
在日スイス大使より、公式ディナーが開催され、
ご招待いただきました。

DCAFは以前より色々な形で注目している機関で、
多くの専門家を抱えて
治安部門改革などを手掛け、
各国の政府にリソースを提供し、
治安部門改革にアドバイス、協力する
専門機関です。
国連警察について
国連の事務総長の改革案の元になる
調査をし、報告を行ったのが、この機関です。
昨年私も訪問して意見交換をしたことがありました。

スイス大使、DCAFディレクターを始め、
総勢18人の日本のSSRに関わる専門家が招待されていましたが、
警察の話はフォーマルなセッティングでは
なかなか出ません。
コーヒータイムに入ってから
DCAFのアジア太平洋局の局長さんと
詳しい話ができました。

国連警察の軍隊化について、
また、
国連警察の刑事的アカウンタビリティではなくて、
マンデートを遂行する、そして
人々に対するアカウンタビリティに関して、
できれば共同研究をしたい専門家の方々が、
DCAFにはいるのです。

フォローアップして行きたいと思います。


ソウルでの女性、平和と安全保障会議

SEA panel

9月22日、23日、ソウルで行われた
女性、平和と安全保障についての
専門家会議に、専門家として招待されました。

女性が平和と安全保障にどのように貢献するか、というポジティブな側面と、
女性を紛争中や直後の暴力から
どのように守るか、というプロテクションという側面。

私は国際法から見た性的暴力についてのパネリストと、
国連平和活動要員が性的暴力を行わないよう防止し、また、そのような犯罪が行われた場合の訴追についてのパネリスト、2つを務めました。

簡単な報告書は
日本国際平和構築協会のこちらの記事からご覧ください。



国連システム学術評議会(ACUNS)ニュースレターに

国連システム学術評議会(ACUNS)は、
国連の実務者と国連について研究する研究者たちが集まる会議で、
東京に連絡事務所を持っています。
東京の連絡事務所の副代表として、
6月に行いました「国連を活性化する」と題した会議の報告書を
本部に提出していましたが、
今回のニュースレターに掲載されました。

リンクはこちらです。

会議には高須国連事務次長に基調講演をしていただき、
多数の国連関係者、研究者のご参加をいただきました。
ACUNS本部からは、ジュネーブ連絡事務所代表の
Stephen Browne氏と、
インドからSublash Birla氏に来ていただきました。

21世紀に入り、世界の紛争は一層国境の中で起こり、
一般市民を多く巻き込んでいます。
多くの移民・難民を生み出し、
テロリズムも台頭する中、
各加盟国の国益と世界・人類の共通利益とを
国連はどうバランスを取っていけるのでしょうか。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ